不動産と保険に強いファイナンシャルプランナー事務所 | 株式会社JFS

ブログ

投資しながら資産を貯める3

投稿日 : 2017/11/27 最終更新日時 : 2017/11/27 カテゴリー :

・住宅ローンを組む場合の目安…手取り収入の30%程度とすると、どの位のローンを組めるのでしょうか?ちょっと試算してみます。
年収400万円(手取り収入300万円)のA子さんの場合
300万円÷12ヵ月×30%=7万5,000円
金利(固定)2%、返済期間35年(ボーナス返済なし)と仮定すると・・・
およそ2,264万円となります。

・続いて「リタイア後の生活資金」です。

まず最初に、夫がサラリーマンで妻が専業主婦のご家庭の場合です。

✓夫婦2人で豊かなセカンドライフを送るための資金は、毎月およそ35万円が必要と言われてい ます。それに対して、受け取れる年金額は夫婦合わせておよそ23万円です。
つまり、毎月35万円マイナス23万円と、およそ12万円不足しますので、セカンドライフの期間 を65歳~90歳までの25年間と考えると およそ3,600万円が不足することになります。

✓次に、共働きのご夫婦の場合です。

夫婦2人で豊かなセカンドライフを送るための資金は、先ほどと同じで毎月およそ35万円です。 そして今度は夫婦2人とも厚生年金になりますので、受け取れる年金額は夫婦合わせておよそ 29万円になります。
毎月35万円マイナス29万円と、およそ6万円の不足となりますので、セカンドライフの期間を同 じく25年間と考えると およそ1,800万円が不足することになります。

✓最後に、独身者の場合です。

豊かなセカンドライフを送るための資金は、夫婦二人の場合の7割と仮定すると毎月およそ25 万円が必要となります。それに対して受け取れる年金額はおよそ15万円になります。 毎月25万円マイナス15万円と、およそ10万円の不足となりますので、やはりセカンドライフの 期間を25年間と考えると およそ3,000万円が不足することになります。

いかがですか? もちろん収入や、生活スタイルによっても異なりますが、いずれにしても公的年金だけでは足りない ということになります。 つまり、この金額が私たちがセカンドライフに向けて、これから資産形成をしていく、ひとつの目標金額になる訳ですね。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社JFS
住所:〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-1 横塚ビル3F
TEL:03-6273-1540
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP
Copyright © 株式会社JFS All Rights Reserved.